買ってはいけないパソコンについて

当サイトでは買ってはいけないシリーズとしておすすめしないゲーミングPCを紹介しています。どうしておすすめではないモデルを紹介しているのか。それはゲーミングPCを探している方に間違いを犯してほしくないからです。おすすめのモデルがあればおすすめできないモデルも存在しています。それなのに多くのサイトでは否定的な意見を見ることがほとんどありません。当サイトではダメなものはダメとはっきりと述べたいと考えています。

 

様々なサイトで見かけるゲームパソコンの広告の中には8万円台はおろか6万円台のものも掲載されています。値段が安いパソコンはとても魅力的ですが性能もそれなりであることをよく知っておかなければなりません。

 

例えば、11万円のモデルから10万円のモデルに変更するときの1万円と、8万円のモデルから7万円のモデルに変更するときの1万円は大きく異なります。11万円のモデルは削る箇所がありますが、8万円のモデルには削る箇所がありません。なので、値段を抑えようとするとゲームに必要な重要な部分の性能を下げなくてはなりません。

 

CPUやグラボは当然としてメモリも4GBが当たり前となってきます。ゲームパソコンの多くは10万円を切ると、ゲーム設定で諦めなければならないものが出てきます。それはグラフィック設定であったり、快適な環境であったりと理由は様々です。

 

安いゲームパソコンを購入してしまうことで、もう一度買いなおさなければならない最悪の状況も考えられます。ですので、ゲームパソコンを選択するときは、下記の順序だけは確実に守らなければなりません。

 

  1. 性能
  2. 予算

 

性能はよく分からないなりにも「このゲームがプレイできる性能」くらいのものでもいいです。値段が安いからと飛びついてはいけません。

 

はっきり断言します。10万円を下回るゲームパソコンはゲームもできる一般的なパソコン程度です。ゲームがサクサク動作するようなパソコンは滅多にありません。セール時は意外とあるかもしれませんが、そうでなければほぼ見つからないでしょう。

 

ゲームのスペックが低いゲームだけしかプレイしないならそれでもいいかもしれません。ですが、魅力的なゲームが登場したときに性能を見なおさなくてはならなくなります。9万円と10万円のパソコンでは圧倒的な性能差があったりします。

 

慎重に吟味していくとやはり安いパソコンはコスパも悪いですし、何より性能が頼り無さすぎます。新作ゲームを一切プレイするつもりがなかったとしても、スペックの必要の無いオンラインゲームで出来たフレンドに誘われたり、色々な機会があります。

 

今後のことも考えて、性能は少し余裕がある程度が一番だと思います。では、どの製品がどのように悪いかを見ていきましょう。

買ってはいけないゲーミングPC一覧