ノートPCのグラフィックボードの選び方

ゲーミングノートPCに搭載されているグラフィックボードの解説をおこなっています。当サイトで扱っているグラボは主にGTX970MとGTX980Mの二種類です。

 

一つだけGTX980M SLIがありますが、GTX980Mを2つ搭載しているだけですので同じとしています。ゲームをプレイする上でとても重要なパーツがこのグラフィックボード(通称グラボ)でグラフィックの描写処理を担うので、この性能が低いと低スペックという扱いを受けてしまいます。

 

名称はGTX900台ですが、デスクトップと違い後ろに「M」が記載されています。なので別物です。注意してください。GTX980MでGTX970くらいの性能、GTX970MでGTX960より少し高い性能となっているようですね。

 

ですが、GTX960MとなるとGTX750より少し高い性能と、一気に性能差が出てしまいます。その分値段は安いのですが、コスパは良くなかったので省きました。ゲーミングノートを購入する際はGTX970M以上を推奨しています。

 

GTX980M

性能が高くGPUメモリ8GBはとても優秀で4K解像度対応モデルは大体GTX980M搭載です。高解像度で綺麗なグラフィックを求める人に選ばれています。

 

値段がやや高めになってしまいますが、ゲームをするには理想的な性能です。新作ゲームがGTX970を推奨環境としている場合はノートでいうとGTX980Mを指しています。

 

基本無料のゲームをプレイするなら大体無駄となってしまいますのでプレイするタイトルで選びましょう。

 

GTX970M

コスパ重視で性能はデスクトップモデルを入れても標準より少し上、あるいは標準程度のグラボです。人気の高いグラボで、性能もそうですが搭載モデルの価格は比較的抑えられているのが特徴です。

 

値段を抑えたいからといってGTX960Mに走らないようにしましょう。最低限このレベルは欲しくなるはずですから、妥協をしてしまうと面倒です。ノートパソコンの増設や交換は簡単ですが、入手が困難だったりしますからね。

 

GTX980M SLI

これをラインナップに入れていいのかわからなかったのですが、感動したので入れました。GTX980M SLIは単純にTITAN Xより性能が高いとされているウルトラハイエンドモデルです。

 

4K解像度のモニター3枚搭載してもサクサク動作するパワフルなグラボです。圧倒的に高い性能はゲームしながら配信して動画編集もできるレベルです。性能が高すぎて無駄になりやすいのと値段が高いというデメリットがあります。

まとめ

簡単にまとめましたがいかがでしょうか?GTX980M SLIはともかく、GTX980MとGTX970Mのどちらか選ぶことになるので選択しやすいかと思います。構成に違いはあるので、グラボを選択してそのあと構成を確認してください。

 

ノートは性能がごちゃごちゃしておらず、とてもシンプルなので選びやすいんですよね。ただ熱対策だけはしっかりしてくださいね。真夏のエアコンなしの閉めきった部屋でつけっぱなしで放置すると壊れるかもしれません。精密機器ですから、環境が意外と重要です。