グラフィックボードの選び方は難しくない

グラフィックボードの選び方について解説しています。グラフィックボードと聞くと種類が豊富でどれを選べかわからないという方もいると思います。しかし検討すべきグラボは実は3つしかないのです。3つだけであればあなたも簡単に決めることができるのではないでしょうか。

 

ゲームパソコンはゲームをプレイするためのものです。グラボはその中でも重要なパーツで、現在主流となっているグラボは3つです。

 

ミドルクラスのGTX960、ハイスペックのGTX970と、ハイエンドのGTX980です。この3つをしっかり抑えておけば、それ以下やそれ以上は必要ありません。

 

例を上げてみるとGTX960の下に位置するGTX950は価格がGTX960に近く性能はそこまで及びません。GTX980Tiはとても優秀な性能を誇りますが、性能が高すぎてほとんどの人は必要ありません。

グラフィックボード現行モデル紹介

具体的な話をしていきます。現行モデルは下記のとおりです。

 

  • GTX750
  • GTX750Ti
  • GTX950
  • GTX960
  • GTX970
  • GTX980
  • GTX980Ti
  • GTX TITAN X

 

今購入できるモデルは全部で8種類あります。Radeonというメーカーのグラボもありますが、次世代が注目されているくらいで現行モデルは消費電力の関係もあり省略します。

 

GTX750は性能が低く、サクサク動作するゲームは多くはありません。価格は安いのですがいくら設定を下げても安定しないゲームもありますからおすすめしません。

 

グラボ詳細解説

GTX750Ti

低価格で性能は標準よりやや下に位置するグラボで、プレイタイトルによってはコスパ抜群だったりします。ですが、性能はお世辞にも高いとは言えません。

 

この性能で満足するユーザーにももう少し上の性能を求めてもらいたいです。というのも、1年2年後にはこのグラボでサクサク動作するゲームが登場しなくなっていくと予想できるからです。

 

GTX950

公式にMOBAというジャンルに適したグラボとされています。上にはGTX960がありますが価格にほとんど差はなく、性能は確実に下回る微妙な位置となっています。搭載モデルが少なく、コスパが微妙に悪いので省きました。

 

GTX960

THE標準。どんなゲームでもプレイすることが出来るので、全員が最低限必要とするラインです。このグラボより下のモデルを搭載したパソコンを買うなら少し我慢したほうがいいです。GTX960がないとカクカクして遊べない、設定を下げすぎて視認性が下がり不利になるゲームが増えてきます。

 

GTX970

この性能さえあれば新作ゲームでも最高の環境でプレイすることができます。高望みをしなければこのGTX970がゲームに最適なグラボです。

 

GTX980

性能はとても高いのでどんなゲームでも安心してプレイできます。GTX980より上のモデルは性能が高すぎて一般的なゲームプレイでは必要のない性能です。

 

4K解像度のような高解像度がもっと当たり前になれば別ですが今は黎明期今は高すぎる性能を持て余すだけとなっています。

 

GTX980Ti

高すぎる性能と価格のウルトラハイエンドと呼ばれる位置にあるグラボです。4K解像度でゲームをプレイするなら必要ですが、対応するゲームがまだまだ少ないです。

 

性能を求めるにしても、少し価格が高めなので様子を見たいところです。今後どうなるかはわかりませんが、現在ではあまり需要の無いグラボとなっています。

 

GTX TITAN X

省かれる例としてはGTX980Tiと同じ理由なのですが、価格は更に高いです。一時はグラボ単体で15万円オーバーとなっていましたので、一般的なグラボと言っていいのかさえわかりません。

 

これに手をだすなら、きっとゲームパソコン選びに迷ったりなんかはしていないと思います。

まとめ

グラボの説明となりましたが、必要以上の高い性能や必要な性能に至らないものは省きます。省いた結果が3つのグラボとなったのです。選ぶべきグラボはGTX960、GTX970、GTX980だけです。何も難しいことはないと思います。