NEXTGEAR-NOTE i71101GA2(G-Tune)モデル概要

NEXTGEAR-NOTE i71101GA2

 

CPU Core i7-6700K
GPU GeForce GTX980M SLI
Memory DDR4 32GB

スロット数4、空きスロット2

Storage 非搭載
SSD M.2 512GB
備考 マルチカードリーダー搭載
ケース 幅42.8cm 奥行き30.8cm 高さ4.5cm

重さ:4.8kg

 

>>>>>NEXTGEAR-NOTE i71101GA2公式HPに行く<<<<<

NEXTGEAR-NOTE i71101GA2辛口管理人レビューと特徴

i71101GA2は、驚愕のウルトラハイエンドゲーミングノートPCで、性能は多くのデスクトップパソコンを凌駕します。CPUはデスクトップ向けのSkylake最上位i7-6700Kを採用していますから、CPUはノートパソコンの中で最強ということになります。

 

グラボも負けてはいません!GTX970と同じくらいの性能のGTX980Mを2枚挿していますから、GPUメモリはGTX TITAN Xを超えた16GB!性能でもTITAN Xを上回っています。デスクトップパソコンを超えたゲーミングノートは、ゲームに関する不安や不満を全て解消してくれるでしょう。

 

ストレージにも余念がありません。M.2接続の高速SSD 256GBに大容量2TBのHDDを搭載しています。今回の変更でSSD512GBのみとなりHDDは非搭載となりました。

 

17.3インチの大型モニターは4K解像度に対応していますし、HDMIx1 DipplayPortx2があるので、ノートのモニター含めて最大4画面出力することができます。おまけにその4つのモニター全てが4K解像度で描写することができますから、据え置きマシンとしては十分なパフォーマンスを持っています。

 

一方で、持ち運びしにくい大きさではあります。デメリットをメリットに変えるというわけではありませんが、据え置き機を手軽に持ち出すことができると考えれば悪いものではありません。デスクトップを超える性能のマシンを気軽に持ち運ぶことができるのはこのモデルだけ。

 

自宅に変えれば複数ディスプレイの据え置き機、職場や外出先にはパーフェクトなノートパソコンとして、スタイルは自由自在です。熱対策を考慮した結果、本体は4.5cmと少し厚くなっています。ハイスペックを要求するゲームプレイではそれなりの熱を考慮しなくてはなりません。カスタマイズでノートPC用クーラーのどれかを選択しておくと頼りになるかもしれません。

 

また、光学ドライブは搭載されていませんので必要な場合はカスタマイズでも選択できますので選択するか別途外付けドライブを用意しておきましょう。

高すぎる性能をいかに使いこなせるか

デスクトップパソコンでもウルトラハイエンドとなるとなかなか性能を使いこなすのは難しいものです。ノートパソコンとなるとゲームと作業を両立する人も多いことでしょう。
そうなると、性能をいかんなく発揮できるのはゲームだけとなります。

 

この環境でなければダメというゲームはほぼ存在していないのも事実です。MODを適用しまくるか、まだまだ最適化が不十分とされるβやαのゲームくらいでしょうか。4K解像度に対応したモニターですから、4K解像度の環境下でのプレイも想定はしていると思います。

 

グラフィックの描写に何よりも重きを置いているので、是非グラフィックを堪能してもらいたいですね。このノートパソコンはサブモニターを1枚2枚用意しておくほうが効率アップにも繋がりますし適切でしょう。ノートパソコンであってノートパソコンにあらず。環境はデスクトップに近づけるといいかもしれませんね。

 

過去にあったキャンペーン

特に無し

 

>>>>>NEXTGEAR-NOTE i71101GA2公式HPに行く<<<<<

ランキングインデックスページに戻る